コンテンツへスキップ

30代におすすめの喪服は「五分袖ワンピースにジャケットがついている喪服」

30歳の時に喪服を買おう、と思いました。きっかけは子供が産まれたことです。
それまではお通夜や告別式に参列する際は、黒いスーツを着用していたのですが、子供が産まれたので、一つも服を持ちたい、と考えたのです。
喪服を着る予定があるから買う、というのは誰かが亡くなるのを想定していることになるからよくない、と聞いたので、思い立ったが吉日、ということで購入することにしました。

事前に参考にしていたサイトはこちら→喪服30代

何をどう選んでいいか全くわからなかったので、色々なところで売っているとは思いますが、デパートに行くことにしました。母にどこで買ったらいいかわからない、と相談したら迷わずデパートに行くように勧められたからです。

とはいってもデパートは色々あります。子供連れで買いに行くことを考慮に入れ、家から一番近くにある伊勢丹で購入することにしました。

売り場に入り、何となくどんなデザインがあるのかとウロウロしましたが、全く検討が尽きません。とりあえず一周くらいしてみたところで、店員さんが私に気づいてくれました。私が売り場を一人で回ってみていいな、と思ったものを店員さんに伝えました。それはツーピースで、パンツは割合タイト、すらっとして見えるようなものです。(私は背が低いので、すらっと見えるものがよかったのです)ですが、店員さんは、私が子連れなのを見ていましたから、そういうのはやめたほうがいい、とアドバイスをくれました。

そして選んでくれたのが五分袖ワンピースにジャケットがついているものです。ワンピースは割合フレアスカートになっていましたが、小さい子供がいると色々しゃがまなければいけないときがある、それは今だけではなく結構長い間続くものだ、もしもう一人子供が産まれたらさらに長い時間しゃがんだりする時間は増えます、と言っていくれました。なるほどその通りだ、と思いその喪服を購入することにしました。

後日、子連れでお葬式に参列しましたが、店員さんの言った通り、子供を追いかけまわしたりすることが多かったので、アドバイスに従ったのは成功だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です